「ムダ毛処理に使うパパイヤペースト作り!」

自分で作って手軽にできるのなら、是非やってみたいと思っていたホームメイド脱毛。
「なにかいい方法ないかな~」と探していると、パパイヤを使った脱毛があるとのことで、今回は実際に挑戦してみました!

使用するのはパパイヤとウコンだけですから、材料は少なくて楽チンそう!
材料は全て食べ物だからお肌にも安心そうだし。
ということで、脱毛に使用するパパイヤペースト作りをレポートします!

なぜパパイヤ??

まずなぜパパイヤって思うかもしれませんね。調べたところパパイアには「タンパク質・脂肪・糖分」を分解する パパインという酵素が、毛包を破壊し、毛の成長を阻害すると言われているからです。

この事実が本当でしょうか?もし本当ならこれをムダ毛に使用すると細い毛が目立たなったり、脱毛が期待でき ますね。ここでは実際にパパイヤを使ったムダ毛を処理をするための、パパイヤペースト作りに試してみました。

ちなみに…
包丁をそっといれるだけで、こんな風にパパイン酵素の入った汁が出てきます!パパイヤの中でも酵素を多く含むのが、まだ熟す前の青パパイヤ。そのため今回は青パパイヤを用いています。パパイヤは食べ物ですから、敏感肌の方でも安心といわれていますが、念のため最初は少量から試す方が安心かもしれません。

それではパパイヤを使ったレシピをご紹介します。脱毛に使うパパイヤペーストを作ろう!【用意するもの】パパイヤ・ウコン粉末

1.まずパパイヤの皮をむいて、パパイヤ片をペースト状にします。
  今回は実が結構硬かったのでミキサーを使用しました。

2.ミキサーで砕くとこんな感じになりました。

3.ペーストにしたパパイヤ大さじ1~2杯に対して、ウコン粉末を大さじ1/2混ぜます。

4.以上で完成!それでは試してみましょう。

*今回は分かりやすいように男性の腕で試しています。
パパイヤペーストをムダ毛処理したい部分に塗って15分間待つ

15分たったら水で洗い流して終了です! これを1週間に2回程度のペースで行うのがパパパイヤペーストを使用した脱毛法となります。

感想

材料入手について ウコン粉末はスーパーでも販売していますが、青パパイヤがスーパーで売っておらず、今回は沖縄から通販で「青パパイヤ」を入手しました。青パパイヤにコストと手間がかかります。
レシピ難易度 パパイヤを砕いたりする部分にちょっと手間がかかりますが、それほど難しくはなかったです。
使用について パパイヤペーストを塗るだけなのでとっても簡単。ただ気になるのはウコンの黄色い色素が肌に付いてしまうということ。何度か洗えば気にならないですが、外出前は注意しましょう。
まとめ

青パパイヤが手軽に入手できないため、脱毛法として継続的に行うにはかなりハードルが高いと思いました。パパイヤペーストは脱毛の即効性はないので、週に2回継続して行う必要があります。そのたびに青パパイヤの入手して、ペーストにするのは簡単でないため、私は続けるの難しいです。
ただパパイヤペーストについては肌の弱い私でも刺激はなかったので、もしパパイヤペーストを長期保存できるのなら使用してみたいですね。

みんなのアンケート
管理人ナオミ

当サイトの管理人。脱毛にかかわることをリサーチしています(特にVライン)。他人には聞きにくいことだか らこそ、アンケートやコラム、体当たりを駆使してお役に立てられるコンテンツ作りを目指しています。